高岡由佳容疑者の可愛い写真・事件・動機・判決・手紙のまとめ



令和1年5月23日に新宿ホスト殺傷事件を起こした、被告人の高岡由佳容疑者(21)は美人だし可愛いとネット上で話題になっていますね。

今日はそんな高岡さんの可愛いと言われている写真、事件、判決、手紙についてまとめていきます。

高岡由佳さんの可愛い写真

引用:高岡さんのインスタなどのSNS

こんな美人で可愛い人が事件を起こすとは信じがたいですよね。

引用:ANN

事件の概要

23日、東京・新宿区のマンションで知人男性の腹を刺したなどとして現行犯逮捕された女が「好きで好きで仕方なかった」などと供述していることが分かりました。 自称・高岡由佳容疑者(21)は23日、新宿区のマンションの一室で、20代から30代くらいの知人の男性の腹を包丁のようなもので刺して殺害しようとした疑いが持たれています。

引用:テレ朝

そもそも高岡さんがホストをなぜ刺したかというと以下ような憶測が5chにて飛び交っていました。

犯行の動機と被害者の男性

この事件における被害者の名前は、歌舞伎町でホストをされている方で源氏名は「るな」であるようです。

事件が起きた場所は本当に血まみれだったようで、洋服もろくに着ていなかったようです。

そのような状況において高岡容疑者は誰かに電話をしていたようです。

誰に電話をしていたのでしょうか?

血だらけのこの事件の動機は?

5CHに以下のような書き込みがありました。

高岡由佳容疑者とホストの男性がどのような関係だったかは定かではありませんが、このシナリオは当てはまるし凄く納得できますよね?

このシナリオを略すと、①高岡さんとホスト男性が夜の行為中に他の女性から電話がくる、②それに激怒した高岡さんがナイフなどの刃物で刺す、③刺されるも必死に抵抗して逃げるもマンションのロビーで力尽きる。

しっくりきますよね?

そして④でホストの電話をつかい、かけてきた女性に「貴方のせいで刺してしまった」と発言する。

完璧なように思いますしつじつまが合いますね・・・

 

幸いにも男性は一命はとりとめたようで、現在では回復されているようです。

そして12月に裁判がありました。

裁判

東京地裁が下した判断は懲役3年6か月の実刑判決がでたようです(求刑は懲役5年)

流石に執行猶予はつかなかったようですね。

そして異例中の異例な事ですが、被害男性が罪を軽くしてほしいと訴えがあったようです。

刺されたホストの被害男性と高岡被告は、すでに500万円で示談も成立しているようです。

また、12月3日の初公判に出廷した男性は、「できれば罪を償うような形ではなく、普通の生活を送られるようにしてもらいたいです」とも述べたようです。

このような流れになったきっかけは高岡被告が被害男性に出した手紙が原因なようです。

その手紙もありましたので、載せておきます。

高岡由佳容疑者の手紙

 

突然のお手紙でごめんなさい。私からの手紙も、言葉も、貴方にとって心底気持ちが悪い物だと思います。本当にごめんなさい。ただ、今回の事をどうしても謝りたくて、手紙を書かせて頂きました。謝罪も、手紙も、何も意味が無く、私の自己満足だと感じると思います。あれだけ最低でひどい事をしておいて手紙なんて、自分勝手で気持ちが悪い事だと、理解しています。謝罪の手紙を送ったところで、許されるはずも無いですし、貴方の私に対する嫌悪感も恐怖心も、痛みも苦しみも増えるばかりで消えることは無い事を理解しています。本当にごめんなさい。人間として最低なことを、一生許されない事を私は貴方にしてしまいました。本当にごめんなさい。私には想像もできない程、痛かったと思います。苦しかったと思います。何より1番、怖かったと思います。本当にごめんなさい。
私の自分勝手な感情で、貴方の気持ちや何もかもを考える事が出来ないで、傷付けて、迷惑をかけてごめんなさい。貴方の事が好きだと言っておいて、自分の希望ばかり押し付けて、貴方を苦しめて本当にごめんなさい。一生後悔して生きていきます。本当は直接、伺って謝罪すべきだと理解していますが、手紙で謝罪する無礼をお許し下さい。本当にごめんなさい。
2カ月という短い時間でしたが、夢のような幸せな時間をありがとうございました。本当にごめんなさい。貴方の嫌がる事をして、貴方の邪魔をして、貴方を縛ろうとして迷惑をかけて、傷付けて怖い思いをさせてごめんなさい。気持ちが悪くて本当にごめんなさい。もう2度と言いません、こんな時でさえ気分を害してしまって本当にごめんなさい。
全部私の責任で、私が起こした事なのに、私がこう言うのはおかしくて、頭がおかしいと思われると思いますが、貴方の身体の無事を心から願っています。私が言うのも、無事という言葉も全て間違っている事は分かっているのですが、正しい言葉が私には分からず間違った表現になってしまい申し訳ありません。
恐ろしい事をしてしまって、貴方の事を考えず気持ちを押し付け無理強いして、本当にごめんなさい。もう2度と近付きません。働いて、一生をかけて償わせて頂きたいと考えています。お金の話になってしまって申し訳ありません。私から貴方へ形として示せる誠意は、私にはお金しか思い付きませんでした。本当にごめんなさい。ごめんなさいという言葉でしか伝えられず、本当にごめんなさい。
今まで沢山、ありがとうございました。本当に申し訳ありませんでした。
令和元年6月9日
高岡 由佳

引用: NEWSポストセブン

 

まとめ

まだ若いししっかりと反省もしているようですので、罪を償い更生してほしいですね。

刑務所から出る時でも、まだ25歳前後です。今後に期待して影ながら見守りたいと思います。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です